東京大学大気海洋研究所 海洋生物資源部門 環境動態分野

  • 気候変動や地球温暖化と 密接に関係する海洋環境
  • ダイナミックに変動する海洋生物資源
  • 最先端の手法で海洋環境・海洋生物資源の 変動メカニズムに迫る

環境動態分野について

海洋生物資源の分布・移動・変動の機構解明・予測を目標として、海洋物理構造・変動機構並びに海洋環境と生物の関係について、野外観測・資料解析・数値モデリングなどの手法を用いて、物理環境の視点から研究を進めています。

ニュース

2019.7.19
招待講演
伊藤進一教授がIPCC第6次評価報告書WG-IIの第12Lead Author Meetingに参加しました(講演日 : 2019.7.15-19)https://www.ipcc.ch/site/assets/uploads/2018/03/AR6_WGII_outlines_P46.pdf
2019.7.11
アウトリーチ
伊藤進一教授が、川崎市民アカデミー講座「私たちの暮らしと環境・みどり・防災 」にて、「黒潮と親潮」を開講しました。(開催日:2019.7.11)
2019.7.1
受賞
郭晨穎さんがJpGU-2019で 学生優秀発表賞を受賞しました。http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/
2019.6.24
新メンバー
Sheng-Yuan Tengさん(National Taiwan Ocean University)が短期留学生として来日しました。(2019.6.24-9/21)
2019.5.27
セッション開催
伊藤進一教授がセッション"Marine ecosystem and biogeochemical cycles: theory, observation and modeling"をJpGU-AGU 2019(幕張メッセ)で開催しました。(開催日:2019.05.27)
2019.5.26
セッション開催
伊藤進一教授がセッション"Ocean Mixing Processes: Impacts on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem"をJpGU-AGU 2019(幕張メッセ)で開催しました。(開催日:2019.05.26)
2019.5.24
セッション開催
伊藤進一教授が3rd International Symposium "Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem"を開催しました。(開催日:2019.5.23-24)http://omix.aori.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2019/05/OMIX_3rd_Int_Symposium_Program_190520.pdf
2019.5.20
大学院進学希望者ガイダンス
農学生命科学研究科大学院修士・博士課程学生募集公開ガイダンスを実施しました。(実施日:2019.05.20)
場所:農学部
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/grad/guidance.html
2019.5.19
大学院進学希望者ガイダンス
大学院進学希望者のための東京大学大気海洋研究所進学ガイダンスを実施しました。(実施日:2019.5.19)
場所:大気海洋研究所 講堂
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/education/guidance.html
2019.5.14
報道
日本財団FSI基金*による海洋ごみ対策プロジェクトの記者会見が行われました。(実施日:2019.5.14)
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z0801_00015.html
2019.5.10
調査航海
新青丸KS-19-7(三陸沿岸域)「巨大津波による三陸沿岸生態系の擾乱とその回復過程に関する研究」(調査航海期間:2019.5.1-5.10)
2019.6.6
調査航海
熊本丸 「底魚類現存量調査」(東シナ海)(調査航海期間:2019.5.11-6.6)
2019.5.4
アウトリーチ
伊藤進一教授・榎本めぐみさんが、科学技術館の海の特別展「知れば知るほど深くなる!?もっと知りたい!海のこと」にて、ワークショップ「巻貝のCT画像で3次元模型を作ってみよう。」を開催しました。(開催日:2019.5.4)

ニュースの一覧