東京大学大気海洋研究所 海洋生物資源部門 環境動態分野

  • 気候変動や地球温暖化と 密接に関係する海洋環境
  • ダイナミックに変動する海洋生物資源
  • 最先端の手法で海洋環境・海洋生物資源の 変動メカニズムに迫る

環境動態分野について

海洋生物資源の分布・移動・変動の機構解明・予測を目標として、海洋物理構造・変動機構並びに海洋環境と生物の関係について、野外観測・資料解析・数値モデリングなどの手法を用いて、物理環境の視点から研究を進めています。

ニュース

2020.4.30
お知らせ
オンラインで環境動態分野・海洋生態系変動分野の歓迎会を行いました。
2020.4.10
お知らせ
オンラインで環境動態ゼミを開始しました。
2020.4.8
お知らせ
新型コロナウィルス感染症対応のため完全テレワークに移行しました。
2020.4.1
新メンバー
中村健人さんがメンバーに加わりました。
2020.1.31
招待講演
伊藤進一教授がIPCC第6次評価報告書WG-IIの第3回Lead Author Meetingに参加しました(開催日:2020.1.26-31)
https://www.ipcc.ch/event/third-lead-author-meeting-of-the-working-group-ii-contribution-to-the-sixth-assessment-report/
2020.1.11
招待講演
伊藤進一教授が第36回沿岸環境関連学会連絡協議会ジョイントシンポジウム「沿岸分野の各学会における気候変動対応:学会間のトレードオフとシナジー効果を明らかにする」にて、招待講演を行いました(講演日:2020.1.11)
http://www.jsfe.gr.jp/wp/5583.html
2019.12.13
新メンバー
余泽庶さんが研究生としてメンバーに加わりました(2019.12.13)
2019.11.28
基調講演
伊藤進一教授が海洋調査技術学会にて「海洋マイクロプラスチック実態把握研究の動向」について基調講演を行いました(講演日:2019.11.28)
http://www.jsmst.org/pdf/第31回研究成果発表会フ゜ロク゛ラム%EF%BC%881112%EF%BC%89.pdf
2019.11.18
実験調査
カタクチイワシの酸素消費量の水温および遊泳速度依存性の測定(瀬戸内海区水産研究所)(実験期間:2019.11.18-12.9)
201.11.12
招待講演
伊藤進一教授が"Offshore ecological hotspot formation in the western North Pacific"について中国海洋大学で講演を行いました(講演日 : 2019.11.12)
2019.11.12
招待講演
郭晨穎さんが"Effects of environmental variabilities on the early life stage of Pacific chub mackerel (Scomberjaponicus) in the Northwest Pacific-----development and applicationofa growth-migration model"について中国海洋大学で講演を行いました(講演日 : 2019.11.12)

ニュースの一覧