東京大学大気海洋研究所 海洋生物資源部門

海洋生物資源部門について

毎日市場で目にするイワシやサバなどは、一見、実に安定して供給されているように見えます。しかし、やはり自然の恵み。
あり余るほど獲れる時もあれば、まったく獲れない時もあります。生物生産と生命活動の場である海洋生態系は、生息場の環境に対応して大きく変動する非定常系であり、生態系の変動に対応して生物資源が大きく変動します。海洋生物資源部門では、物理環境が生物資源を変動させるメカニズム並びに環境の変動機構の解明(環境動態)、資源変動の生物学的基礎である繁殖生態と初期生態の研究(資源生態)、海洋環境変動に対する生物の応答研究(生物海洋学)、海洋生物資源を持続的に利用するための資源評価・管理の研究(資源解析)を主に行っています。

教員(あいうえお順)

板倉 光
(生物海洋学グループ)
助教 環境変動に対する生物応答、魚類生態学
生物海洋学グループ
Link
伊藤 幸彦
(環境動態グループ)
准教授 海洋物理学、水産海洋学
環境動態グループ
Link
伊藤 進一
(環境動態グループ)
教授 海洋生態系の気候変動影響
環境動態グループ
Link
入江 貴博
(資源解析グループ)
助教 進化生態学に関する理論研究、表現型と遺伝子型の種内変異
資源解析グループ
Link
岩田 容子
(資源生態グループ)
准教授 海洋生物の生活史
資源生態グループ
Link
河村 知彦
(資源生態グループ)
教授 海産底生無脊椎動物の生態学、藻場の群集生態学グループ
資源生態グループ
Link
木村 伸吾
(生物海洋学グループ)
教授 水産海洋学、水圏環境学
生物海洋学グループ
Link
小松 幸生
(環境動態グループ)
准教授 海洋生態系、海面境界過程
環境動態グループ
Link
猿渡 敏郎
(資源生態グループ)
助教 魚類生態学
資源生態グループ
Link
樋口 富彦
(環境動態グループ)
特任助教 環境ストレス応答、魚類生態学、サンゴ礁科学
環境動態グループ
Link
平松 一彦
(資源解析グループ)
准教授 水産資源評価・管理
資源解析グループ
Link
干場 康博
(環境動態グループ)
特任助教 海洋物質循環モデリング、沿岸海洋学
環境動態グループ
Link
松村 義正
(環境動態グループ)
助教 海洋微小スケール素過程の数値モデリング
環境動態グループ
Link
森田 健太郎
(資源解析グループ)
教授 魚類の生活史多様性と個体群過程
資源解析グループ
Link
脇谷 量子郎
(生物海洋学グループ)
特任准教授 魚類生態学、通し回遊の進化
生物海洋学グループ
Link